スイッチサイエンスで販売開始 購入

Wi-Fi, JavaScript, 購入後すぐに制御できる。

Webmoは電子工作の知識なしに、WiFi経由でJavascriptを使ってモーターを制御できます。
回転させるだけなら、3行程度のコードを書くだけです。
すぐに試せるから、やり直しもすぐにでき、アイデアに集中できます。

そのほかProcessing, OSCにも対応。今後Unityなどにも対応していきます。
さらに、3Dモデルデータも共有していく予定です。

お知らせ

脳活動計測装置に対応 脳の活動に基づきモーター制御を実現
BCI/BMI 研究スターターキットを販売開始

2017年5月17日(水)日立ハイテクノロジーズ社の携帯型脳活動計測装置(HOT-1000) からWebmoを制御可能にするBCI/BMI研究スターターキットを販売開始しました。<プレスリリース文PDF
これに伴い連携の仕組み、動作のデモビデオを公開しました。

スイッチサイエンスにてWebmo販売開始

2016年6月7日(火)、電子部品などを販売するECサイトスイッチサイエンスにてWebmoを販売開始しました。

デモビデオ、応用例

Webmoの特徴

発想を変えるための、IoT時代の新しいモノとソフト

ワンパッケージ

Webmo

制御基板も1つにパッケージングしたシンプルなステッピングモーター。Wi-Fi接続が可能で、IPを持つ、IoTモーターです。

アイデアに集中するために

Webmo

モーターを利用したIoTの試作時間を圧倒的に削減します。 Webベースで使えるため、ブラウザだけでモーターを動かせます。教育環境などでもソフトウェアインストールが不要なため導入が簡単です。

静音なめらか、エンコーダー内蔵

静音なめらか1回転25600ステップ動作。 RCサーボモーターのようにギア音がしないので、生活に溶け込みやすいものづくりを実現します。エンコーダー搭載で回転角度も取得できるので、インタラクションやインタフェースの設計にも活用できます。

Webmo

容易に制御

Webmo

ネットに繋がることだけが重要ではありません。プログラムで制御できることが重要です。JavaScriptやOSCから容易に制御できます。<ドキュメントはこちら

ケースは3Dプリント製

Webmo自体の外装やモーターの先端部のモータホーンパーツは3Dプリンタで製造しています。なお、Webmoがおすすめする3Dプリンタは Zotrax社のM200です。

Webmoと3Dプリンタ

3Dプリントによるモーター拡張


Webmoと3Dプリンタ

外装ケースのデータやモーターホーンのデータを公開していきます。またモーターから先のさまざまな固定方法を可能にするパーツデータの公開や、3Dプリントしたオプションパーツの販売も行う予定です。

BMI/BCIスターターキット登場

脳活動からモーターを制御するブレイン・マシン・インタフェースのスターターキットです。
日立ハイテクノロジーズ社とのコラボレーションで実現しました。
前額部の脳活動、心拍数が取得し、モーターに反映できます。
BMI/BCIスターターキットの価格・購入などの詳細はお問い合わせください。

Webmo
Webmo
キット内容:Webmo1台、プログラムドキュメント、HOT-1000連携サーバー、サンプルソースコード。上記写真の携帯型脳計測装
置HOT-1000, PC,スマートフォン、WebmoCarは含まれていません。WebmoCarについて近日発売を予定しています。HOT-1000は日立ハイテクノロジーズ社よりご購入ください。

Webmo β (v0.1.3) 製品仕様

Webmo

基本仕様


モータ種類:ステッピングモーター
モーター分解能:1回転25600ステップ(1/128 マイクロステップ動作)
エンコーダー分解能:1回転 4096ステップ
回転速度: 150rpm(900°/sec) (2016/5/30追記)
内蔵MCU/プロセッサ:Intel Edison
Wi-Fi: 5GHz/2.4GHz (アドホックモードまたはインフラストラクチャーモードで動作可能)
インタフェース:USBマイクロ(Edison通信用)
外装素材:ABS(Zortrax Z-ABS)
外装カラー:レッド(Zortrax Z-ABS)
電源:12VDC
質量:300g
外形:W48mmxD48mmxH62mm(軸含まず) 軸長:22mm
付属品: モーターホーン(2個), カメラマウント(1個),
ソフトウェアバージョン:v0.1.0
対応プロトコル:HTTP / WebSocket / OSC 確認済みブラウザ動作環境: Safari9, Google Chrome(v50)

ドキュメント・その他

ドキュメントはこちらです。
webmo.localでアクセスするためにはBonjourが利用できる環境/あるいは インストールが必要です

Webmo β (v0.1.3) 免責事項

無償保証は購入後6ヶ月。
自己責任での利用が原則となります。
セキュリティの関係上、FirewallのあるLAN内で利用してください。
低速回転を続けると発熱する可能性があり、自動停止機能が働く場合があります(約65度)(2016/5/30追記)
モーターに負荷をかけると壊れる可能性があります。
Webmo自体を改造した場合は保証外となります。
ケースはパーソナル3Dプリンタ製のため、個体差や造形ムラがあります。
*注1)SSHによるEdison内へのログインは可能ですが、ログインによるプログラムの改変や独自のプログラムを走らせた場合による故障や動作不良は保証対象外となります。
Webmoを利用になったことにより生じるいかなる損害についても、当社はその責任を負いません。

同梱物写真(2017年5月現在はスマートフォンホルダーは付属していません。ホーンのデザインも変更され、ネジで固定できるようになりました)

Webmo セット
購入 スイッチサイエンスで販売開始
まとまった数の発注などのお問い合わせは こちらからお願いします。
Cidre Interaction Design 株式会社
明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科 渡邊研究室